空港での悪いニュースと感情的な連帯の例

空港で起こった短い本当の逸話をお話しします そしてそれは何かがうまくいかないときに人々に存在する共感の程度を示しています。

今日、上司と私は空港に着陸し、非常に重要な顧客に会う準備をしました。 着陸するとすぐに電話を入れて 音声メッセージとテキストメッセージが届き始めました いくつかの近親者の。

人々の感情的な連帯。家に電話します。 あなたのお母さんは深刻な脳卒中を起こしました そして彼は集中治療室にいます」電話に現れた最初のテキストメッセージを読んでください。

上司から、すぐに出発しなければならないと言われました。 切符売り場に並ぶと、お母さんの調子を兄に話し始めました。 泣きながら飛行機に乗ろうと説明した 30分で出てきました。

目の前の列に並んでいるXNUMX人が私の会話を聞いて それらはすべて私を通過させました。 それから、航空会社の代表がカウンターの後ろに出てきて、ティッシュのパケットを私に手渡した。 反応する前に 私に大きな抱擁を与えました。

飛行機に乗りました。 私の母は安定した状況にあります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。