メアリーと彼女の赤ちゃんの物語

物語は一人一人の後ろに隠れています

これは本当の出来事に基づいた物語です。 一人一人の後ろには、喜びや悲しみの物語があることを忘れないでください。

実話に基づく物語:

私はマドリッドで一日を過ごしました。 昼食とコーヒーを飲みに立ち寄るまで、私は数時間歩いていました。 食堂の窓から、寒さから震えているXNUMX代の少女が、小さな束を腕に抱えてポーチにしゃがんでいるのが見えました。 彼は誰かが彼の凍った手のひらに数枚のコインを預けることを期待して手を差し出した。 人々は彼女を無視して彼女を追い越した。

私は食べ物を終えて外に出て、財布を見て、食べ物を買うために彼女に5ユーロをあげようと思いました。 近づいてみると、彼女が泣いているのに気づきました。彼女は14歳か15歳くらいでした。 彼女の腕の中のその束は、薄い毛布に包まれた赤ちゃんでした。 胸を殴られたような気がした。 彼は見上げて私の悲しい目を直した。 私は彼に何か食べたいかどうか尋ねました。 私たちが去っていったちょうどその時、離乳食の箱を持った男が現れました。

私は彼に食事をするように誘った。 彼女はとても感謝していて、ハンバーガーを受け取ってすぐに食べました。 それから彼はケーキとアイスクリームを食べました。 彼女は彼女の魂を開き、私たちは話しました。 彼女が妊娠したとき、彼女は15歳でした、彼女の両親は怒っていました、そして、彼女は逃げる前に彼らと戦いました。 彼はほぼ一年の間家を離れていた。

彼女の赤ちゃんとティーンエイジャー 私は彼に家に帰りたいかどうか尋ねたところ、彼は黙っていた。 私は彼女に家に帰るように説得しようとしましたが、彼女は恐れていました。 彼は両親が彼に背を向けると言った。 彼が逃げる前に彼が父親から1.000ユーロを盗んだことを認めるまで、私はもう少し主張した。 1.000歳の女の子のために路上で生き残る必要がある場合、15ユーロは長くは続かないことがわかります。 彼の状況は非常に困難でした。 彼女は戻りたいと思ったが、彼女の両親が彼女がしたことの後に彼女を拒絶するのではないかと恐れていた。

もう少し話します。 私は彼女に私の電話を使って家に電話してほしかったが、彼女はそうしたくなかった。 私は彼女に、もし彼女が望むなら、彼女の両親が彼女と話したいかどうか見るために私に電話をかけることができると彼女に言いました。 彼女は躊躇し、私が最終的に彼女を納得させるまで言い訳をし始めました。 彼はその番号をダイヤルし、私が電話を取りました。彼のお母さんがそれを受け取り、「こんにちは」と言いました。 私はぎこちなく自己紹介し、娘が彼女に話したいと言った。 沈黙が落ち、母親が泣くのが聞こえた。 私は女の子に電話を渡し、母親が泣いている間、彼女は静かに耳を傾けました。 最後に彼は「こんにちは」と言いました。 彼女も泣き始めました。 語った。 ついに彼は私に電話を返した。

私は彼女をバス停に連れて行き、バスの切符を家に買いました。 私は彼に付帯費用として100ユーロ、道路用のおむつ、おしりふき、おやつをXNUMX袋与えました。

バスに乗っていたとき 彼女は何度も何度も彼女に感謝して泣いた。 私は彼女に額にキスをして抱きしめ、私は彼女の赤ちゃんにキスをし、彼女はバスに乗りました。

毎年クリスマスに、来年のベストを祈るクリスマスカードをもらいます。 彼女は現在21歳で、大学に通っています。

彼女の名前はマリアで、赤ちゃんはミゲルです。

私はこれについて誰とも話したことがありません。 私はこの世界で何か良いことをしたことを知って気分がいいです。 多分それは私がこの人生で間違ったことをしたことを補うことができます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   メアリー

    ミゲル、なんて感動的な話…私たち全員が他の人にとって本当に重要なことをすることができたら、世界はどれほど違うでしょう。 抱擁

  2.   レイナ

    どこにでも私たちを必要としている人がいて、こういう話を読むのは美しいし、この世にまだいい人がいることを知って嬉しく思います。こんなにいいことをしたいです。この世界から消える前に誰か...ブラボー!