個人的なエンパワーメントを達成する方法

彼女のエンパワーメントを求めている女性

エンパワーメントは、女性などの特定のグループを指すために社会で広く使用されている用語だけではありません... それは、自分の能力の本当の証拠を含み、人間関係や社会環境に影響を与える可能性のある、人生で強く感じる行動の新しいモデルです。

大衆文化は、人が力を与えられていると感じる主観的な感情に到達することを強調することによって、個人の力を与えるという概念を誤って表現することがよくあります。 しかし、その定義によるエンパワーメントは、市民として、または消費者として、より広い社会的文脈における親密な関係の中でそうするかどうかにかかわらず、私たちの社会的領域内での実際の影響力を高める必要があります。 したがって、 現実の世界に影響を与えることを強調するモデル。

環境への影響

エンパワーメントは、私たちが住んでいる現実の世界で実行される行動と、これらの行動が社会的関係に与える影響と関係があります。 エンパワーメントを感じることは素晴らしいことですが、現実の世界でこれらの感情を適用して結果を得た場合にのみ、個人のエンパワーメントの向上に貢献することができます。 たとえば、自助本を読むことで、パートナーとの関係を改善できると感じることができますが、パートナーとの生産的な対話を開始でき、その対話が関係の真の改善につながる場合を除いて、私たちはもはやそこにいません。 。私たちが始めたときよりも力を与えられました。

女性のエンパワーメント

私たちの個人的なエンパワーメントを高める方法

ご覧のとおり、エンパワーメントとは、力のない人が力を高めることを目的とした個人的に意味のある目標を設定し、その目標に向けて行動を起こし、自分自身に基づいてこの行動の影響を観察し、反映するプロセスです。有効性。目標に関連する進化、知識、能力。 この新しいモデルの重要な側面は、私たちの取り組みとそれらが生み出す結果との間の動的なフィードバックです。

途中での成功と失敗は、エンパワーメントプロセスにプラスとマイナスの両方の影響を与える可能性があります。 行動を起こすこと自体は十分ではありません。 むしろ、そうすることは、私たちの行動が望ましい影響を及ぼし、私たちが成功した場合にのみ、私たちのエンパワーメントの感覚に貢献します。 失敗は、エンパワーメントの感情を妨げ、私たちを後退させる可能性があります。

苦情は必ずしも有毒ではありません

これらの目標を達成するために必要なスキルを習得できることは、エンパワーメントプロセスのスピードと成功に大きな違いをもたらす可能性があります。 これらのレッスンを適用してトレーニングを受けるための最も簡単でアクセスしやすい方法のXNUMXつは、重大な苦情を申し立てることです。 苦情が個人のエンパワーメントを達成するための完璧なツールであるのはなぜですか? 一般的に、苦情は通常、私たちを気分を害する有毒なものですが、 しかし、ある程度、この場合、それらは悪くありません。

男性の個人的なエンパワーメント

私たちは皆、定期的に苦情に遭遇しますが、ほとんどの場合、それらを効果的に解決することはできません。 代わりに、 私たちは通常、欲求不満を解消するという唯一の目的のためにそれらについて不平を言います。 たとえば、消費者の苦情を解決することは非常に無力で絶望的であるため、消費者の不満の驚くべき95%は、効果的に苦情を申し立てることができないために解決されません。 同じことが私生活の苦情にも当てはまります。 友人や愛する人にイライラしたり傷ついたりしたときは、他の多くの友人や愛する人と苦情について話し合いますが、問題の人と話し合うことはめったにありません。

彼女の髪を伸ばす欲求不満の女性
関連記事
欲求不満を感じたらどうするか

友人や愛する人、企業や企業など、責任者に苦情を申し立てることは、その価値よりも問題が多く、満足のいく解決には至らず、実際に状況を悪化させる可能性があると確信しています。 しかし、苦情を提出することに成功することにより、 私たちは、人間関係や社会的文脈において自分の影響力を示し、より有能で、有能で、力を与えられていると感じることができます。

あなたの個人的なエンパワーメントを後押しする

あなたの個人的な悪化を急上昇させるためにこれらのステップに従ってください。 それをよりよく理解するために、あなたが不満のある消費者であると想像してください。

  • 目的を特定します。 アイデアは、個人、グループ、またはシステム全体を問わず、あらゆる社会的レベルで影響力のレベルを高めることです。 消費者の苦情を申し立てることにより、私たちは本質的に企業、企業、または企業と戦っています。 私たちが望む結果を達成することによって戦いに勝つことは、私たちの社会的影響力の重要なデモンストレーションです。 私たちが友人や愛する人への苦情に対処し、それをうまく解決するとき、私たちは私たちの生活にとって意味があり、非常に重要な関係に影響を与えています。
  • 注意してください。 目的を達成するには、関連するシステム、私たちが見つけることができるパワーダイナミクス、必要なリソース、およびアクションプランを理解する必要があります。
  • 自己効力感。 行動を起こすには、まずあなたが目標を達成できると信じなければなりません。 不平を言うのに必要な知識とスキルのセットを習得し、不平を言うために利用できるさまざまな効果的なツールを持っていることは、自信と自己効力感のために世界にすべての違いをもたらすことができます。
  • 競争。 私たちのスキルが優れているほど、私たちの能力は高くなります。 苦情処理スキルセットを使用することで、私たちが最も強い場所と、取り組む必要のあるスキルまたは能力についての洞察が得られます。 愛する人との苦情を見つけるには、練習を通して改善することができる精巧さと適切な技術が必要です。 企業や企業への不満は根強く残る可能性があり、ここでも、努力すればするほど、より多くのことを学び、能力のレベルが高くなります。
  • アクション。 エンパワーメントのプロセスは動的であり、行動し、反映し、評価し、再び行動します。 愛する人に不平を言うときは、最初に小さくて重要性の低い苦情(たとえば、不完全な宿題や特定の遅延のエピソードに関する苦情)に対処することによってスキルセットをテストする必要があります。 問題を解決しないが、後で上司と話すときや会社の幹部に苦情を提出するときに使用できる重要な情報を提供してくれるカスタマーサービス担当者とのやり取りがある場合があります。
  • インパクト。 個人的なエンパワーメントは苦労する可能性があり、ある意味で、私たちが深く感じる方法を変えたいのであれば、そうあるべきです。 私たちの努力のすべてがすぐに報われるわけではありません。 エンパワーメントのプロセスはまさにそれであり、一夜にして変容するプロセスではありません。 私たちの社会的影響が重要であるほど、私たちはより力を感じるようになります。

女性のエンパワーメント

エンパワーメントプロセスは、より強い内部の有効性の感覚に向けた直線的な推進力ではなく、知識が得られ、行動し、影響が評価され、努力が再定義される動的なプロセスです。 より重大な不満に対処する前に、より単純な苦情を探すことによってゆっくりと構築することをお勧めします。 私たちが途中で解決する小さな苦情はすべて、安定した感覚を構築できる別のビルディングブロックを作成します。 個人のエンパワーメント、自尊心、自己効力感に耐えること。 より自信があり、有能で、力を与えられていると感じることは、不平を言う方法を知っているだけかもしれません。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。