口頭発表の仕方

同僚に口頭発表をすることができます

口頭でのプレゼンテーションをしなければならない場合、あなたは胃の中で緊張していると感じるかもしれません、そして真実の瞬間が来るとき、あなたは空白になるか、その神経質な状態があなたに悪戯をします。 実際 もはや威圧的な挑戦ではありません それはあなたがそれをする時間の数日前でさえ、あなたを不安にさせます。 だからこそ、口頭でのプレゼンテーションの仕方を知っていると、上手くやるのに必要な落ち着きが得られます。

しかし、それを行う方法を学び、一連のステップを念頭に置いている場合、これはあなたに安全と自信を与え、あなたがそれらの神経を消散させ、あなたに優れた口頭発表を与えるのを助けます。 では、口頭発表の仕方を見てみましょう。

口頭発表を正しい方法で行う

最初に心に留めておくべきことは、自分を表現する能力を向上させる必要があるということです。それはすぐにできることではありません。 あなたはそれを毎日練習しなければなりません そして数週間であなたはそれを完全に習得させることができます。 あなたは良い結果を得ることを約束しなければなりません、そしてこれを達成するためにそれは練習することが不可欠です。

崇高な口頭発表を準備するための重要なヒントをいくつか紹介します。 以下に示す各ポイントの詳細を失わないでください。

時間内に準備する

XNUMX分からXNUMX時間の口頭発表が必要な場合は、少なくともXNUMX週間前に準備しておくことが重要です。そうすれば、自信を持ってXNUMX日XNUMX時間準備することができます。 そして、それがもっと時間であれば、より良いです。 重要なのは、準備のための日数を分配することです 起こりうる予期せぬ出来事に可能な限り自然な方法で対処できるようにします。

これらのヒントを使用して、口頭でのプレゼンテーションを成功させることができます

数日前にプレゼンテーションを準備することで、あなたはあなたの人のより穏やかで安全な状態になり、あなたが通常持っているその不安は消えます。 あなたはすべてがよく準備されているので あなたははるかによくストレスを処理することができるようになります y あなたはそれをモチベーションと最善を尽くす努力に変えます。

もちろん、この準備では、話したいことすべてについて非常に明確なスクリプトを作成するための優れたドキュメントを見逃すことはできません。 プレゼンテーションに重要ないくつかのキーワードを紙に準備して、それらに到達しやすくし、何も忘れないようにすることができます。

主なアイデアを明確にする

口頭発表を準備するときは、聴衆に伝えたい主なアイデアについて非常に明確なアイデアを持っていることが重要です。 扱いたいメイントピックを脇に置いて情報を分割します。

最初の5分間は、これから話すすべてのことを要約し、それを話の主な概要として使用する必要があります。 あなたの聴衆は何を聞くべきかを知っているでしょう そして、混乱を引き起こすことなく、正しく言うことすべてを文脈化することができます。

つまり、紹介の中で最も重要なポイントを明確にし、従うべき重要なポイントが何であるかを明確にする必要があります。 過度に専門的な言葉は避けてください。理解しやすいかもしれませんが、聞き手にとってはそうではないかもしれません。

多くの人と口頭発表ができます

プレゼンテーションの構造を維持する

口頭でのプレゼンテーション全体を通して、優れた構造が必要です。中心的なテーマから出てくるサブトピックや側面を参照する場合は、それを明確にしてから、言葉を話の軸にリダイレクトする方法を知ってください。 はっきりときれいに話す そしてあなたに耳を傾けている大衆に近い態度で。

あなたが扱うサブトピックは、話の主軸に何らかの方法で接続されている必要があることを忘れないでください。 「前に述べたように」、「これまで見てきたように」、「次にこれを見る」などのフレーズは、スピーチ全体のスレッドを維持するための優れた方法です。 いずれにせよ、はいそれは常に首尾一貫したスピーチでなければなりません。

要点をつかむ

何が公平であるかを言い、完全な情報を提供することによってそれをうまく言うことは、実際には何も貢献しないギャップまたは「フィラー」部分を持つことよりも優れています。 この上、 プレゼンテーションの前にスクリプトを変更する必要がある場合は、それを行う必要があります。

これを行うには、プレゼンテーション全体をよく確認して練習してから、プレゼンテーションが重くならないように、または聴衆がスレッドを失うことがないように、プレゼンテーションを行わない方がよい部分があるかどうかを確認します。

スピーキングを練習するXNUMXつの方法は、鏡の前で声を出して読むことです。そのため、修正が必要な体の動きをしているのか、スピーチでフィラーワードを使用しているのかがわかります。 口頭で気を散らすことなく自信を持って会話をするためには、排除しなければなりません。

要点をつかむための目標は、あなたの心が話の順序に慣れ、必要なコンテンツを正しい方法で提示することです。 また、自分の話を聞いている間(必要に応じて自分自身を録音することもできます)、話で展開されるすべてのポイントをよりよく覚えることができます。

オフィスで口頭発表をする前にリラックスしてください

前日に圧倒されないでください

準備とリハーサルがうまくできていれば、前日に圧倒されることはありません。 それほど少なくはありません。 あなたはあなたがそんなに必要としているという自信を感じるでしょう、そしてあなたは要点をレビューするだけで他には何も必要ないでしょう。 休憩して少しリラックスするために一日を捧げます 心と体が回復し、口頭でのプレゼンテーションの準備が整います。

いくつかの手順に従って、視聴者を念頭に置いてください

講演の日が来るまでに、すべてを覚えておく必要がありますが、プレゼンテーションの一般的な台本を用意して、立ち止まらなければならない場合や気が散った場合にスピーチのスレッドに戻りやすくすることができます。なんらかの理由で。

さらに、一般の人々 また重要であり、あなたはそれらを見る方法を知っている必要があります そして良い体調を維持する方法。 あなたを見ているすべての目とあなたが言うすべての言葉を聞いているすべての耳があなたを緊張させないように、あなたはあなたがゲームに参加している、または存在するすべての人があなたを傷つけることができない人形であると想像することができます。

あなたが心に留めておくことができるもう一つのことは、そこにいるすべての人々があなたに耳を傾けたいので、それはあなたに自信を与える何かであるということです。 彼らはあなたのために来ました、そしてそれはあなたの不安を増やさないはずですが、あなたがその瞬間に重要であるというあなたの満足を増します。

これらのすべてのヒントを使用すると、口頭発表の前に神経がそれほど激しくなくなり、それを素晴らしく行うことができるようになることがわかります。


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。