よりよく発声するための6つの簡単な演習

私の自己啓発のためによく声を出してください

よく発声することは、人々の生活のあらゆる分野にとって不可欠です。 スタッフの両方が正しく話すことができ、彼らがあなたを理解していること、そして専門家の両方で、成功した礼拝堂を持つことができます。 そう、 あなたが物事を簡単にするために、私たちはあなたがよりよく発声するのを助けるためにいくつかの練習問題を説明するつもりです。

このように、そしてあなた自身の家から、あなたはこれらのエクササイズを実行することができます。そうすれば、練習と忍耐力で、あなたは発声がもはやあなたにとって問題である必要がないことに気づきます。 これらの演習に注意して、最も快適に感じる演習を行ってください。 ある日、別の日に練習することもできます... そして最後に素晴らしい発声があります!

より良い発声の重要性

あなたがよりよく発声することを学ぶための練習問題を説明する前に、それを正しく行うことがなぜそれほど重要なのかを説明します。 あなたが歌手である場合だけでなく、よく発声することが常に必要であるため、あなたが話したり、歌ったり、何かを言ったりするときはいつでも、他の人があなたを理解することができます!

良い発声とは、あなたが言っている言葉を明確に表現することです。 年齢や行動に関係なく、誰にとっても重要です。 あなたが良い発声をしているとき、あなたは話すときに大きな快適さを感じるでしょう、 言葉が自分で出てくるので、誰もがあなたをよく理解していると感じるでしょう。 それはあなたが良い演説をすることを可能にするあなたの言葉遣いに特定の魔法を感じることです、あるいはあなたが歌手である場合、あなたは以前にそれらを歌おうとしたときよりも歌がどのように良く聞こえるかを感じるでしょう。

発声を上手に行う方法を知っていると、周りの人がもっと興味を持ってあなたの話を聞いてくれることにも気付くでしょう。 彼らがあなたをよく理解していれば、彼らはもっと好奇心をそそられ、 彼らはあなたが言っている(または歌っている)すべてにもっと注意を払うでしょう。

良い演説をするためにもっとよく発声する

これらの簡単なエクササイズでよりよく発声する

これがわかったら、発声を改善するためのいくつかの演習について説明します。これから話すと、完全に理解できるようになります。 もちろん、覚えていますか 良い結果を得るには、毎日の練習が不可欠です。

あなたの呼吸が鍵です

あなたの呼吸はプロセス全体の鍵です、 そのため、吸入と呼気を制御することが重要です。 それはあなたのスピーチを素早く改善するからです。 最初に注意深い呼吸をする必要があります。 これを行うには、ベッドに横になり、片方の手を胸に、もう片方の手を腹部に置きます。

息を吸ったり吐いたりするたびに、深く気を配って呼吸してください。 お腹と胸が毎回上下する様子に注目してください。 このように、呼吸を意識​​することで、話す瞬間に正しく行うことができます。

呼吸ゲーム

前のポイントを考慮に入れる、毎日特定のゲームをプレイすることが重要です シンプルで、発声を大幅に改善するのに役立つ呼吸法。 これらのゲームのいくつかは次のようになります。

  • 泡を吹く
  • ろうそくを吹き消す
  • 水を飲む
  • 風船を膨らませる
  • さまざまな口笛の音を出す
  • ハーモニカやホイッスルでさまざまな音を出す

もちろん、これらのゲームのそれぞれで、空気が体に出入りするときに空気が行う動きに注意する必要があります。 いずれの場合も最も重要なことは、呼吸に気づくことです。

鏡の前で話す

良い運動は鏡を見ながら話すことです。 音を出して、それを数回繰り返します。 このエクササイズを手伝ってくれるよう誰かに頼むこともできます。 普段よく言えない単語を誰かに発音してもらい、鏡で自分を見て、正しく繰り返してみてください。 口の動きを誇張する 口の関節を正しい方法で動かすことに慣れるように。

話し、理解するためによりよく発声する

自分が話していることを録音する

興味のあるトピック、やらなければならない会議、誰かとの対話、就職の面接のテストなど、好きなことを話していることを記録してください。 それが3分以上続かないこと。

アイデアは、最初に通常どおりに通常どおりに話していることを録音することです。 次に、音声を聞いて、発声を改善し、スピーチで出てくる可能性のあるフィラーを避けてください。

次に、同じスピーチを話し、よりよく発音し、発声を誇張して、自分自身を録音し直します。 もう一度音声を聞いてください。 最後に、最後にもう一度スピーチを録音し、通常の方法で話し、発声しようとする必要があります。 したがって、最初のオーディオとXNUMX番目のオーディオの違いを確認できます。 演習を簡単にするために、XNUMX分以内のテキストをランダムに読んで録音することができます。

鉛筆を口に入れて発声力を高めましょう!

冗談のようですが、そうではありません。 非常にシンプルですが、非常に効果的なエクササイズです。 鉛筆を持って口に入れ、歯を食いしばって落とさないようにするだけです。 彼をこの面白い位置に置いたら、詩、早口言葉、ジョーク、またはあなたが望むものを話し、暗唱します。 それはあなたの口の筋肉がしなければならない余分な努力です うまく発音しようとするために、練習と忍耐力で将来あなたに役立つ何か。 あなたの関節はかなり改善されます。

会議のためによりよく発声する

唇と舌の筋肉の体操

唇と舌の筋肉のエクササイズはとても楽しいです そして、鏡の前に立つと、あなたの一日を明るくする笑いさえあるかもしれません。 この体操は以下で構成されています:

  • 舌を最大限に突き出す
  • 舌で鼻に触れてみてください
  • 舌を突き出して左右に動かします
  • 舌でバスケットを作る
  • あなたの舌を丸めて、私はくつろぎます
  • 空中にキスを投げる
  • 唇だけで口笛を吹く
  • 顔で誇張した感情表現をする
  • たくさん口を開けて、口を大きく開いて話してみてください

ナンセンスなエクササイズのように見えますが、定期的にスキーをすることで違いがわかり、少しずつ発声が良くなり、言葉がよく理解できるようになります。 録音の練習では、最初の日の録音を保存すると違いに気付くでしょう そして、あなたは数ヶ月後に再びそれをします。 しかし、よりよく発声するには、一定して毎日練習をしなければならないことを忘れないでください。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。