レッセフェールのリーダーシップ

レッセフェールのリーダーシップ

あなたがやりたいことをしなさい、しかしそれを正しくしなさい…これはLaissez-Faireタイプのリーダーシップの基本原則である。 権威主義的リーダーシップが職場環境における厳格な管理と厳格な規則に関するものである場合、自由放任主義のリーダーシップは完全に反対です。

この用語はフランス語で、「そのままにする」または「放っておく」と解釈されます。 このスタイルに同意するリーダーは、有能なチームを構築し、それを機能させることを信じています。 従業員は、自分にとって意味のある方法で仕事をすることが信頼されています。

労働者は、職場のプロジェクトや職務にどのように取り組むかについて最大限の選択の自由を持っており、伝統的な意味で、リーダーは従業員の仕事の生活に欠席しています。 ただし、他の多くのリーダーシップスタイルと同様に、 リーダーは依然として重要な決定を下すことができます。

関連記事
リーダーシップの主な種類

レッセフェールリーダーシップの基本原則

次に、このタイプのリーダーシップの最も重要な原則のいくつかを説明し、それが何であるかをよりよく理解できるようにします。

レッセフェールのリーダーシップ

レッセフェールリーダーの5つのトップ原則

  1. 厳格なハンズオフアプローチ。 自由放任主義の指導者は、彼らが彼ら自身の問題を解決するために必要なツールを彼らの労働者に与えるためにそこにいます。 彼らはグループを特定の方向に押し込もうとはしませんが、意思決定のための目標と基準を作成することを許可します。
  2. 教育とサポート。 リーダーは彼らの労働者の手に多くの責任を残します。 その結果、彼らは従業員の経験と教育レベルに非常に関心を持っています。 したがって、多くの自由放任主義のリーダーがサポートの役割を引き受け、労働者が意思決定を行うために必要なトレーニング、教育の機会、およびリソースを提供します。
  3. 雇った人を信頼しなさい。 自由放任主義のリーダーは彼らのアプローチに怠惰ですが、これは不注意と混同されるべきではありません-彼らはチームの方向性に深く気を配り、仕事に最適な人を雇うことによってそれを示します。 彼らは、割り当てられるタスクに特化した経験を持つ人を探します。 したがって、これらのリーダーは、手元の才能を選んだため、信頼できるチームを持っていると感じています。
  4. 決定は従業員に任されています。 自由放任主義の指導者は、適切な人材を採用することの重要性を認識しています。なぜなら、それらの人材は彼らの働き方について決定を下すからです。 リーダーはサポートの役割を担い、従業員が意思決定について互いにまたは他の人と相談するために会うのを助けます。 彼らは必要に応じてコンサルタントやメンターとしての役割を果たします。
  5. バグに快適。 自由放任主義のリーダーは、従業員がイノベーションの追求において間違いを犯しても問題がない創造性の環境を確立します。 従業員は、間違いで叱責されることがないため、自由にイノベーションを追求できることを知って安心しています。 すべてが「正しく理解する」ことにかかっているのではなく、雰囲気は学習に移っています。
関連記事
リーダーシップを向上させるためのマインドフルネス

レッセフェールリーダーの資質

企業のすべてのリーダーまたは上級職がこのタイプのリーダーシップを発揮するわけではありません。 勇気が必要です.

このタイプのリーダーシップを実行することができる人々は、彼らを有効にする特定の資質を共有しています。

  • 自由放任主義の指導者は、思いやりを示し、全体像を把握するのが得意です。
  • 彼らは状況にどのようにアプローチするかについて機知に富み、創造的です。
  • 彼らは自分たちが持っているものを使い、テクノロジーを活用し、創造的に問題を解決するのが得意です。
  • これらのリーダーはチームビルディングに最適です。 彼らは最高で最も明るいものを探し、誰かが自分の環境で働くかどうかを調べることによって自分の役割を果たします。
  • その結果、彼らはカリスマ的なリーダーからページを取り、他の人に彼らがしていることに参加したいと思うように促すことができます。

一般に、 自由放任主義の指導者は自信を持って思慮深い人々です それらの資質をリーダーシップにもたらします。

レッセフェールリーダーシップの長所と短所

このリーダーシップスタイルの資質は、特に従業員にとっては前向きに見える可能性があります。 しかしながらリーダーとその部下がこのスタイルを実装することを決定した場合に考慮すべき要素がいくつかあります。

利点

従業員に成功するチャンスを与えます。 このリーダーシップのスタイルは、彼らが何ができるかを示す機会を彼らに与えます。 

レッセフェールのリーダーシップ

常に新しいアイデアを試したい、または特定のプロジェクトでコラボレーションしたい場合は、 このスタイルは彼らにそうする機会を与えます。 主な利点は次のとおりです。

  • 解放的な雰囲気。 従業員は職場の自律性を大切にしています。 ボスは、従業員が自分の職場環境を管理できるようにすることを信頼しています。 自分の仕事に専念している高度なスキルを持つ従業員にとって、このリーダーシップのスタイルは彼らの才能を認める素晴らしい方法になり得ます。
  • それは新しいアイデアを促進することができます。 同社は自由放任主義のリーダーシップから大きな恩恵を受けることができます。 従業員が創造性を発揮して新しいアイデアを思いつく機会があれば、これは組織に利益をもたらす可能性があります。 これらのアイデアは、すべての人にとってより良いプロセス、ポリシー、またはより合理化された作業環境を促進するのに役立ちます。 才能のある人々に、問題を解決するために定期的に予定されている就業日を停止する機会を与えることは、すべての人に利益をもたらす可能性があります。
  • リーダーを解放して、他の問題に集中できるようにします。 リーダーが常に従業員を監視し、常に指導する必要がない場合、リーダーは他の関連事項に関与することができます。 マイクロマネジメントを行うリーダーは、注意が必要な管理職務を遂行できない可能性があります。 自由放任主義のリーダーは、従業員が必要な作業を処理できるようにすることでこの問題を回避し、より差し迫った状況に対処できるようにします。
  • より迅速な意思決定。 マイクロマネジメントがないため、労働者は小さなステップごとに経営陣のフィードバックを待つ必要がありません。 ペースの速い職場環境では、これは、すべての人から「はい」を必要とする欲求不満が存在しないことを意味します。
関連記事
トランスフォーメーショナルリーダーシップの特徴

短所

すべての場合と同様に、このタイプのリーダーシップは、先験的にすべてが利点であると思われますが、考慮しなければならない一連の欠点もあります。

  • 役割の明確さの欠如。 従業員が自分に何が期待されているのかわからない時が来るかもしれません。 新しいプロジェクトを開始する場合、自由放任主義のリーダーがチームを開始するために必要なすべての詳細を提供しない場合があります。 そのため、従業員は自分が何を達成すべきかを知らないことに不満を感じる可能性があります。
  • 誰もがこのスタイルの責任を処理できるわけではありません。 一部の労働者は、この方法を利用して、重要な期限を緩めたり、逃したりする可能性があります。 他の人は規則に違反しないかもしれませんが、彼らは与えられているよりも多くのガイダンスを必要とします。 レッセフェールのリーダーは、このような働き方に慣れている特定の性格タイプでのみ働くことができます。 すべてがそれだけの価値があるわけではありません。

レッセフェールのリーダーシップ

  • 無関心。 リーダーは日常のイベントに参加できないために仕事を気にしないことを考えると、労働者は同じ態度をとることができます。 自由放任主義の指導者は、彼らが扱うことになっている出来事について無関心で無関心に見えるかもしれません。 成功した自由放任主義のリーダーにとって、通常はガイダンスとアドバイスを提供することによって、健全なレベルの関与を維持することが重要です。
  • 紛争の増加。 指導的な声がなければ、さまざまなグループの従業員が部門間の対立に巻き込まれる可能性があります。 従業員は自分の利益のために行動し始め、資源を求めて戦い始めることができます。 これらの論争を処理するための何かがなければ、部門は混乱に陥り始める可能性があります。
  • 責任の欠如。 これらのリーダーはグループの責任を取ることになっていますが、結果に対する責任を回避する手段としてこれを使用する人もいます。 その結果、従業員は不利な問題のほとんどの責任を負い、新しいことに挑戦することを恐れるようになりました。 自由放任主義のリーダーが責任を負い、間違いを受け入れるとき、生産的な自由放任主義のリーダーシップが可能です。

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。