個人のアイデンティティが何であるかを正確に調べます

私という人間? 私は誰になりたいですか? 何が私を導きますか? 私の好みは何ですか? これらは、世界中の私たち全員が無意識のうちに私たちの個人的アイデンティティを定義するように求めてきた典型的な質問です。

個人のアイデンティティは、人が自分自身について持っている主観的で個人的な認識です。 それは存在の意識です。 それらは影響を引き起こし、生涯を通じて取得される情報です。 彼らが行動と人格のパターンを完全に変えることができるような超越のポイントに到達します。

その発達は子供時代から始まります。 乳児がすでに他人の存在と世界での自分自身の存在に気づいているとき、彼は段階的に彼が社会のために代表する役割を処理し始めます。 自分の個人的アイデンティティは、その人の必要性と権利になります。

個人のアイデンティティ1

個人のアイデンティティとは何ですか? 

世界の多くでは、子供たちは不道徳な行為のない環境で成長するべきであると考えられています。なぜなら、それは他人や自分自身を傷つけることができる市民の成長を妨げるからです。 親密な観点から、人は個人の個性の中で最も重要な要素のXNUMXつです。

大人になるまでの成長の過程で、個人が正しい意思決定を行うことができるように、子供時代は個人のアイデンティティの形成に不可欠です。これは、異なる解決策の選択肢またはオプションの間で選択が行われるプロセスです。家族、個人、感傷、仕事など、さまざまな分野の生活状況。

社会的相互作用は 社会統合スキル これがなければ、一般の個人は、グループに参加することができた場合に人を定義する非常に小さな詳細である、さまざまなタイプの味や行動を識別する機能を持たないため、非常に重要です。 彼が子供の頃から見たイデオロギーは、環境と融合して、世界が評価されるビジョンの形成を開始します。

コミュニティに所属し、コミュニティが育むアイデアに同意することで、その人のアイデンティティに顕著な影響を与えることができます。 言語、国籍、社会的部族、伝統、そして家族でさえ、私たちを完全に巻き込むエージェントであり、彼らがどのように彼らに属しているかに関する情報を絶えず伝達しているため、行動に大きな影響を与えます。 一方、名前と年齢は個性を構成する要素のひとつです。

個人の発達は社会的および文化的環境に依存するため、各人は比較的自律的です。そのため、個人の解放は、人間が作成し、自由を抑圧または利益をもたらすことができる制度のグループを変更することによってのみ達成されます。 個人の活動 それは本能的な行動だけでなく、行動の可能性の象徴的な記録を増やす能力にも依存します。これは、革新的で前例のないものへの思考を開くことを意味します。

個人のアイデンティティの特徴

Martin-Baroによる本「中央アメリカからの社会心理学」によると、個人のアイデンティティにはXNUMXつの基本的な特徴があります:

  1. 間違いなく安定しています:「私はまだ昨日と同じですが、おそらくもっと良いことに少し変わっています。」
  2. それは世界または社会集団を指します: 個人は常に異なる性質のグループに所属することをいとわず、これらはすべて、彼らが活動を行う社会環境のおかげで、独特の感覚と特異な意味を持っています。
  3. 個人のアイデンティティは、対人関係に統合されています。
  4. 個人のアイデンティティは社会の産物です 人間にふさわしい行動と同様に。

アイデンティティの構築に影響を与える要素

家族

これは、要素が言及されたときに誰もが考える主要なエージェントであり、最も直接的で、密接で、明白です。 すべては家で始まるので、家族は社会的に言えば担当する機関です いい人になる そして社会集団のメンバーで。

学校

それは、社会が社会的規範や習慣について人々を訓練する責任を負っている家族よりも開かれたもう一つの機関です。 これで、個人はもっと見えます 影響を受けやすい それぞれの人、したがって各家族は異なる子育て方法を持っているので、他の人によって。

友達のグループ

これはほとんどの場合無視されるエージェントですが、ことわざにあるように、私たちが出会う人のタイプのあり方や行動に実際に影響を与えます。 「あなたが誰と付き合っているか教えてください。あなたが誰であるかを教えます。」

社会

社会とは、特定の地理的位置に共存する人々と機関のグループです。 それが持つ署名、それが獲得するスタイルは、個人の職業に関連して、その人の社会的地位に貢献します。

それらの複合体

個人が自分の嫌いなことを常に隠そうとし、これらのネガティブな点を、自分がしようとしていることに注意を向けることができる場合があるため、有害な結果をもたらす完全な執着に変えることがあります。隠す、 完全に否定的な影響を受けた感じ そして、彼らのアイデンティティのある側面が生み出すかもしれないコメントや批判に完全に敏感です。

人が持っているプロトコルと正確さの感覚

これは、彼女が社会生活のさまざまな分野に参加することで彼女に社会的に期待されていることに続いているかどうかに関係しています。

個人のアイデンティティ2

アイデンティティ構築プロセス

  • あなた自身の体の認識。
  • 最も近い人々の識別、これらは主に親です。
  • 徐々に彼は他の機関で彼を取り巻く世界と関係を持つようになります、これは通常学校です。
  • を通じて彼らのニーズを満たすことを学ぶ 行動と味。
  • 彼は、自分が生きて自己の考えを発展させるために他の人が必要であることを認識しています。
  • 私が誰であるかを反映した「私」のイメージ。

自分の成長に断固として貢献する人がいなければ、主題や個人のアイデンティティは正確にはありません。

それはコミュニティとの関係の結果であり、人は存在の仕方と行動の仕方を取り、いくつかの能力を発達させ、他のいくつかを抑制します。これらすべてが一緒になってアイデンティティを形成します。 私たちは革新と創造ができる存在です、 同じ理由で、これらの優れた学習能力のおかげで、個人および種の合理的な行動の可能性が高まっています。

私たちの行動はまた、私たちを人間として定義します。これは、不確実性として現れることもあれば、有害でさえあることもあります。 多くの場合、選挙は圧力の文脈で行われます。 したがって、人間の行動や道徳的現象の複雑さは受け入れられてきました。

典型的な 信念の倫理の違い そして、結果主義的倫理は、XNUMXつの間の一種の質問に道を譲りました。それは、教育が人の道徳的自律性と彼らの批判的感覚の発達に基づいて出現したという事実を支持しました。古い信念を見直し、観察され、新しく学んだことを吸収し、すべての文化的遺産を打ち破り、論理的な言説に基づいて新しい合理的な議論を探します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。